ヘアカラーのコト

〔令和版〕ヘアカラーを長持ちさせるコツを伝授(美容師執筆)

かっぽ
かっぽ
どーもー!こんにちはかっぽと申します。 田舎で楽しく美容師してます!
髪を染めてもすぐ抜ける…

染めたてのキレイな髪キープしたい!

ブリーチした髪の黄色っぽく抜ける感じどうにかならないの?

このような悩みはありませんか?

美容師として8年今やヘアカラーが何より大好きな僕が色もちを良くするコツを伝授します!

最後まで読んで実践すれば、あなたの髪色はさらにキレイに色もちが良くなります。

ぜひ最後までご覧ください。

では早速始めましょう!

ヘアカラーを長持ちさせるコツ

色もち対策まとめ

・良く乾かす
・カラーシャンプーを使う
・パーマや縮毛矯正はカラーの前にする。
・コテやアイロンの高温注意
・1ヶ月周期で色を重ねる
・温泉や海水注意!

上記を解説します。

良く乾かす

髪は濡れている状態が一番弱くなります。

花王公式サイトより引用

そのため、お風呂上がりの髪はダメージしやすかったり、色が抜け出やすくなったりします。

色もちを良くするためにはお風呂上がりは早めに乾かしましょう!

あわせて読みたい
美容師がオススメする高級ドライヤー3選【最新版】 今日は美容師がお勧めするドライヤーを三つご紹介します。 ホリスティックキュア ドライヤー レプロ...

カラーシャンプーを使う

特にブリーチをした髪におすすめ。

シャンプーする時に色味を入れるため圧倒的に色もちが良くなります。

いま美容師界でも話題の『ソマルカ』がおすすめです。

現在の髪色にあった色味を選べます。

ぶっちゃけかなり染まります。オドロキ!

パーマや縮毛矯正はカラーの前にする

意外と来る質問ですね。

パーマとカラーどっちからしたらいいの?

結論はパーマが先です!
 
せっかくキレイに入った色味がパーマ液や矯正の1液でキューティクルが開くので抜けます。

さらに言うとパーマ後一週間は開けて欲しいのが本音です。髪に負担をかけたくないので…

色もちを良くしたかったらパーマや縮毛矯正を先にしましょう!

コテやアイロンの高温注意

毎朝巻いたり、ストレートアイロンでまっすぐしたりする人は色が抜けやすい傾向にあります。

あまり高すぎる温度や、挟む時間が長かったりするとダメージにも繋がります。

160度〜180度でするっと挟む程度がおすすめです!

1ヶ月周期で色を重ねる

これは個人的におすすめな方法で、色が抜けきる前に重ねる!

という作戦ですね。

同系色を重ねれば重ねるほど、濃く髪に残ります。

少し費用はかかりますが、艶のある上品なカラーにしたい方おすすめです。

毛先は超低アルカリカラーで毎回染めるお客様の一例。はあ美しい。

温泉や海水注意!

温泉や海水は髪色には良くありません。

温泉はアルカリ性です。ほぼパーマ液と同じくらいのアルカリ値です。驚き。

それが髪についたらどうなるか…想像はつきますね。

キューティクルはバンバン開きまくり、栄養や色素はガンガン抜けまくります。

温泉最高ですが、髪にはあまり良くないと言うことを頭に入れててください。

ヘアカラー長持ちのためのアイテムまとめ

シャンプー

ソマルカ

カラタス

アウトバストリートメント

エルジューダサントリートメントセラム(髪の日焼け止め)

ドライヤー

ホリスティックキュアレシピ

レプロナイザー4d

created by Rinker
¥57,200
(2020/07/16 04:39:48時点 楽天市場調べ-詳細)

まとめ

いかがだったでしょうか。

最後におさらいですが…

色もち対策まとめ

・良く乾かす
・カラーシャンプーを使う
・パーマや縮毛矯正はカラーの前にする。
・コテやアイロンの高温注意
・1ヶ月周期で色を重ねる
・温泉や海水注意!

色がすぐ抜けてイヤ!と言う方ぜひこれらを試してみてくださいね。

・色もちが良くなったー!
・髪にツヤがでたー!
・嫌な黄色味が出なくなった!

このように喜ぶ方が一人でも増えることを祈りつつ、筆を置くことにします。

では失礼します。

あわせて読みたい
ヘアカラーはハゲる?原因と効果的な3つの対策〔美容師が執筆〕 この記事はそんな疑問にお答えします。 最初に原因を簡潔に説明し、3つのおすすめ対策を載せております。 結論を...
あわせて読みたい
頭皮が乾燥する...それ油分の取りすぎかも!美容師が教える対策法 このようなことに悩んでいませんか? 今回の記事は頭皮の乾燥 その原因と対策をまとめます。 美容師として...
ABOUT ME
大森びようし
大森びようし
最後まで読んで頂きありがとうございます! 有益な情報届けます! よかったらTwitterやInstagramフォローをお願いします! 今後ともよろしくお願いいたします。